2018年11月4日日曜日

予想外の展開に!子供会の駅伝地区大会


こんにちは。
セラピストの竹元です。

今日もたくさん素晴らしい経験をさせていただきました。

素晴らしい天候に恵まれた今日、子供達の駅伝大会の引率応援に参加してきました。

ここ約2か月間、週末早朝、小雨の降る日も寒い日も駅伝練習。

私も、ダイエット効果、運動不足解消、子供達と一体感を持って挑みたいと練習に参加してきた。
後の半分は役員だからという大義名分😓

練習日は、お世辞にも多くなかったけど、
大人も自発的に参加。
選手も補欠もみんな一緒に走ってきた。

遅い子には、励ましの声をかけながら一緒につきそう大人がいたり、

他人の小さい子供の面倒をみたりと、とにかく思いやりに溢れた人が多いなと感じながら。

監督に白羽の矢が当たったのは、謙虚なお父さんのYさん。

自分は速く走れないからと、みんなのタイムをとり、
前に出て引っ張るのではなく、後ろから温かく子供達をサポートする方。

   ここ5~6年くらい、うちの地区は後ろから数えたほうが早いくらいの成績だと聞いており、

『各自持てる力を精一杯出しきり参加することに意味がある』と、
大人たちは、全く結果にこだわっていなかった。

しかしなんと結果は大どんでん返しの3位入賞!

次の町大会出場が決定するという誰もが予想していなかった大逆転の展開に😮

大人も子供もあわてて次の試合日と練習日のスケジュール確認にあたふたしたり、嬉し泣きしたり大興奮。

特に高学年の子達は、今までにない好成績を初めて経験し、よい思い出になったのではと思う。

チームで足の速い上位2人が、予定が合わず今日は残念ながら不参加だったにもかかわらず、
蓋を開けたら区間賞がチームから二人も選ばれた!

胸に一人一人🥉メダルをかけてもらったときの、子供達の嬉しそうな、恥ずかしそうな姿が忘れられない。

それをみた、まだ補欠にも入ってないうちの子、『どうやったら選手になれるの?』と質問。
よい影響、経験をいただいけたようだ。ありがたい🎵

最近、予想外の大逆転、嬉しい展開という、感動の現象をよく身近に経験することが続いている。

でも、これは偶然には訪れていないと思う。
もちろん選手個々の努力のおかげもあるだろう。
時の運もあるのだろう。

でもそれだけでなく、他のみんなもさまざまなできる努力を続けてきたこと、

結果に執着しすぎていなかったこと、

それと、かかわる人達みんなが、互いに感謝や思いやりの気持ちを持って、同じ方向を向いていたことじゃないのかな。

今日もまた、感動と感謝の1日を過ごさせていただいた😊
実りの秋、豊かさを感じずにはいられない🎵

ありがとうございました\(^o^)/

(応援に興奮しすぎて、メインの写真をとり忘れた😓)