2018年10月21日日曜日

『人生フルーツ』の感想

こんにちは。今日はとってもよいお天気☀️週末いかがお過ごしでしょうか?

私は早朝から子供会の駅伝練習につきあい、
走って💦走って💦走って💦きました😵

スポーツの秋🏃を感じながら、運動不足でへばっていると、
子供会の会長さんからママさんバレーに誘われました😱(実は今年副会長💦来年は会長😱)
思案中、、、💦

実はこう見えて(どう見えて?)
小中とバレー部だったので😓
身長が伸びると聞いて入ったのですが💦

近況報告前置きはさておき、

神戸のヨガの先生ぬんさんのスペースわにさんで『人生フルーツ』観てきました。

映画館で上映中も、興味はありましたが、今観たい!と思い、

主人に協力してもらい、
一人で観てきました。

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
~印象的な言葉達です~

『できることから小さくこつこつ、時をためて。』

『こつこつやる。ひとりで。時間かかるけど、みえてくるものがある。』

『いえは暮らしの宝石箱でなくてはならない。』

『人生は長くいきるほど、より美しくなる。』

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

すでにそうしている部分、不十分な部分もあります。

この映画の主人公のお二人の生き方はとても素敵で、
人生の折り返し地点、後半に入った私にとって、
よいタイミング、必然だなと感じました。

でも、人の数だけ違う人生がある。

私らしい生き方ができるように、

時間を大切に、

生きていきたいと思いました😊