2018年9月26日水曜日

母子と中学生のふれあい体験授業


おはようございます、竹元です。

先日看護師の仕事で、
中学生の授業の一環として『母子のふれあい体験』サポートへ。

男女合わせて10名のグループ。スライドを使った講義の後、いよいよ妊婦体験。

女子はいつか経験するかもですが、
男子達にとっては、一生に一度の経験になるかもしれません。みんな10キロの重さに驚いていました😲

その後、赤ちゃんの人形で、抱き方を全員に練習してもらった後、
実際に母子登場✨各自グループに月齢の違う2組の母子が来てくださいました。

最初に『赤ちゃんは、泣くのが仕事だからね』と伝えていたら、男の子達も赤ちゃんが泣いてもめげずにあやしたり、暖かい目でみてくれていました。
12才の離れた弟がいるといった子は、お父さんさながらの抱き姿✨
中学生、みんな優しい目で赤ちゃんとアイコンタクトをとっていたのが印象的でした。
でも、赤ちゃんやっぱりお母さん!お母さんの抱っこで、ぴたっと泣き止んで、安心した表情に。

こんな授業、私達の子供のころには、なかったけど、社会がよくなってきているんだな、思いやりが芽生えるよい体験だと思いました。
そして、中学生みんな可愛かった😊
隣のグループの子が紛れていたりして、爆笑のエピソードがあったりしたけど、時間内に無事終了。
また来月も違う学校へ行きます。命に関る仕事。医療のお仕事にも、色々あるんだな、とよい経験になりました。

12月、『命』、『生きること』、『医療』に関する大きなイベントをやります。
また具体的に告知します。たくさんの人に来ていただけるよう、頑張っています。
応援宜しくお願いいたします\(^o^)/